ホーム お問い合わせ


ホーム
トップメッセージ
トピック  


教育・文化
 アリアハンの歴史
 ルビスの伝説
 ロトの伝説

 歴代勇者の伝説
 ラーミアの伝説
 レーベ兵学校


観光案内
 アリアハン城
 アリアハン城下町
 レーベ村
 豊かな自然
 ナジミの塔
 岬の洞窟  


魔王バラモス対策
 勇者募集
 兵士募集
 世界の王国と諸地域
 魔物情報


アリアハン王宮楽士隊
お問い合わせ



 

 アリアハン大陸の豊かな自然を紹介します.

 

主な見どころ  

中央平原「竜の道・竜脈・竜の背中」 
グレートアリアハン湾
ロンダ山地
アマデウス湖
エレリー河
ランドール川
フィンケ川とフィンケの森
アデレード半島
アルバニー半島
竜の痣砂漠
西の岩山

レーベ叢
アリアハン中央山脈
左翅の森
右翅の森
東の岩山
蒼竜陵
オスコ山とコジオスコ山嶺 
ナジマ島
いざないの洞窟
アリアハン近海と太洋

 

 

 アリアハン大陸は太洋に浮かぶ大きな大陸です. アリアハン王国はこの大地の恵みを受けて発展しました.アリアハン大陸は竜が横たわる造形に例えられます.
 古くはアリアハンからレーベ村を通る草原地帯が、「竜の道」や「竜脈」と呼ばれていたことがその伝承のルーツであると云われています.
 中世以降、アリアハン大陸の測量が進み、近代的で正確な地図が制作されるにつれ、古人の想像力の確かさが裏連れられたのです.
 アリアハンのいにしえの英雄、ポカパマズがキースドラゴン、すなわち青龍を討伐した伝説をもって、この伝承は更に人々の心に刻まれました.

 草原は龍の背中、アルバニー半島は竜の右腕、森は翅、砂漠は痣という風に呼ばれています.アリアハン城は偶然にも龍の額という特別な位置にあったことは、神々の祝福を感じずにはおられません.

※現在アリアハン大陸においてもモンスターが凶暴化強大化しており、観光産業は壊滅的な打撃を受けております.大陸の殆どの地域でモンスターが出没し、市内以外は危険な状況となっております.ガイドやツアーは現在受付を停止しております.
 一日も早く平和な世になるように祈っています.

 

  中央平原「竜の道・竜脈・竜の背中」 Dragon pulse
 アリアハン大陸をに広がり、そして各地をめぐる平原はながく竜脈と呼ばれてきました.両脇には岩山や砂漠、高い山嶺から降りてくる森林など多様性があるため、同平原内においても、歩行数時間ごとにことなる風景に変わります.
 街道は場所が通れるように整備されていましたが、近年はモンスターを恐れるため馬は余り使われなくなったこともあり、街道の整備は滞りぎみです.

 街の周囲では農耕が行われ豊かな水資源を背景に豊富な収穫量がアリアハンの繁栄を支えてきました.また平原内には、やくそうと満月草が自生しています。特にやくそうはアリアハン近郊とレーベ近郊で良質なものが採取できるため、国民の健康に寄与するだけでなく、輸出商品としても扱われていました.
 しかしやくそうはこれ自体で完成するアイテムではありません。厳密な収穫時期があり、更にこれを製品化するには高い熟練が必要です.観光客の皆様には、不用意に採らないようお願い致します.

左から、レーベ近郊(秋)、コジオスコ山地近くの乾燥地帯、やくそうの群生地

 

  グレートアリアハン湾 GREAT ALIAHAN BAY
 グレートアリアハン湾はアリアハン大陸南部にある大きな内海です.ここはアリアハン観光の名所揃いです.エレリー河河口、ナジマ島、天然の要塞である城壁海岸、海峡の大渦など大自然の美しさから、河口付近の汽水で育まりれた美味しい海産グルメまでが、ぎゅっと凝縮されています.アリアハン城下と近く、周遊しやすい点もお見逃しなく.

 自然の見どころだけではなく、港港やナジミの塔といったアリアハンの歴史を語るうえで見逃せないスポットもたくさんあります.対岸のアルバニー半島やナジマ島までのクルージングも人気です.アルアデ海峡は海流が激しく小船では通過できませんのであしからず.

左より、夕日を浴びるアリアハン大陸、城壁海岸、輝く湾内、アルアデ海峡

  

  ロンダ山地 Ronda mountain

 ロンダ山地はアリアハン城下の背面に位置する壮麗な山々です.山頂付近は一年中雪に覆われており、街からも確認できます.険しい山々は海まで達しており、アリアハン防衛の要所でもあります.
 そのため古くかより開発することを禁止されており、人の出入りはありません.わずかに番所が置かれているのみです.現在も入山はできず、城下からの展望のみとなります.冒険者すらも通常は踏み込めない地域です。

左より、アリアハン城下から望むロンダ山地、切り立った崖、海側から望むロンダ山地

 

  アマデウス湖 Lake Amadeus
 アマデウス湖はアリアハン大陸の中央に位置する大陸最大の湖です.アリアハン中央山脈の雪解け水を受けた清く美しい湖で、山と森に囲まれた静かなところです.
 水面は波のない美しい緑色で、山や夕焼け、星空までなにでも映し込んでしまいます.周辺には宿泊施設が充実しているため、数日間の滞在するコースが人気です.周囲の散策や湖岸でゆっくりと過ごす等、楽しみは様々です.

 湖水はラッドール川から流れでて、エレリー河へと合流後、グレートアリアハン湾へと向かいます.秋になると回帰魚が産卵のために遡上してきます.
宿泊以外の施設はないため、冒険者や修行者はまず見られない静かな土地ですので、静かで贅沢な時間が送れるでしょう.
 

 

  エレリー河 Ellery river
 エレリー河はアリアハン大陸中央部を流れる大河で、グレートアリアハン湾へと注いでいます.ラッドール川とフィンケ川を支流にもち、豊かな水量を備えているためアリアハン近辺の農業用水として長く用いられてきました.レーベ街道にはエレリー橋が架けられており、陸上交通の要所でもあります.
 アリアハン城下より近く手軽に巡れるコースとして、小船による上流遡上観光コースがかつては人気がありました.流域沿いには、多くのレストランや宿泊施設が設けられていましたが、これらはすべてモンスターの影響で現在は利用されていません.同様に流域沿いの風光明媚なポイントや難所には、精霊ルビスの像が立てられています.

 

  ランドール川  Radalls River
 ランドール川はアマデウス湖から中央山脈にそって流れる川で、エレリー河にそそいでいます.大きな川ではありませんが、水質の良い清流で、観光客には人気があります.川沿いには宿泊施設や休憩施設、史跡もたくさん整備されています.中央山脈やアマデウス湖と合わせてぜひお越しください.

 名物は川魚の塩焼きです.一年を通して多数の川魚が捕れますので飽きさせません.捕れたての美味しさはやはり城下のレストランでは味わえません.釣り自体を楽しむ物も多く、ほとんどのレストランが、持ち込んだ魚を料理してくれます.

左から、大岩の獅子像、粉挽き小屋、静かな清流、渓流の小道

 

  フィンケ川とフィンケの森 Finke River
 フィンケ川はアリアハン城下の北方をながれる川でその周辺に豊かなファンケの森を育んでいます.ファンケ川はロンダ山地を水脈にもつ水量豊富な川であり、勾配の大きさからその流れはとても早いのが特徴です.
 幾度と無く架橋工事が行われましたが数年ごとに橋は崩れ大きな被害を出したため、現在は橋は架かっておりません.

 ファンケ川に橋があれば、蒼竜陵地域への交通の便が飛躍的に良くなるため、火急な際は渡し船を使っています.現在はその船もモンスターの出没によって出せませんので、冒険者はレーベ村を経由して行くしかありません.
 厳しい道のりとなりますが、大小様々な滝があり激しい水流を垣間見ることができるため、観光客には人気です.

 

  アデレード半島 Adelaide Peninsula
 アデレード湾はアリアハン城下がある半島です.ロンダ山地とグレートアリアハン湾に挟まれた土地は、肥沃な大地と広大な市街を育みました.
 南部は森林が形成されており、城下から近いため商業・軍事・娯楽など様々な開発が進んでいます.対して太洋に接する南側は、海流が激しく、大きな船でもなかなか航海できません.

 半島先端には南方に突き出した小さな岬があり、竜の牙と呼ばれています.竜脈の開始点として聖域となっています.アリアハン王国兵士が常駐しており、詰め所としても機能しています.この岬により海流が複雑になっており、アリアハン城を防衛する上でも、この岬と海流の存在は重要です.

左から、竜の牙の岬、林の小道、観測所、太洋側の断崖

  アルバニー半島 Albany Peninsula
 アルバニー半島はアリアハン城下の対岸に位置する半島です.歴史的にも大変重要な位置を占めている半島です.
 アルバニー半島は生い茂る森林の中に多数河川と洞窟をもちます.特に岬付近にあった大きな洞窟を利用して、かつて繁栄した岬港が造られました.洞窟内は年間を通して気温がほぼ一定であるため輸入された食品の倉庫として使われました.

詳しくはこちらをご覧下さい.

 

  竜の痣 砂漠 Dragon bruise
 竜の痣はアルバニー半島の付け根に位置する砂漠です.アリアハン大陸では数少ない感想した大地です.暑さはそれほどではありませんが、夜の寒さとの気温差は大変厳しいものがあります.生物が生育するには厳しい環境で、いっかくウサギくらいしかいません.イシスにはアリアハン大陸に匹敵するような大きな砂漠があると聞きますがそちらでは数種類のモンスターがいるようです.この違いはどのような要因によるのか学者たちが議論しています.

 砂だけの砂漠ごくわずかで、全体としてはよく乾燥した荒野です.奇妙な岩が幾つか見られます.またここでしか見られない珍しい植物も多数あります.

 

  西の岩山 West rocky mountain
 西の岩山はアリアハン大陸最西端に位置する完走した大地です.
 訪れる人はほとんどいませんが、奇妙な岩がたくさんあるので地質学に関心がある方にはオススメのエリアです.
 岩山は地下の岩塩層の上にあり、この岩塩層が、アーチと尖塔の形成の主たる原因と考えられています.

 200を超えるアーチ状のホビットの岩橋、六角形の岩が整然と並ぶ巨人の石道、深い谷に見られる地層、どれもが雄大な時間と偉大なる神々を感じさせる大地です.

 

  レーベ叢 Reeve bush

 レーベ叢はレーベ村の北西に広がっている低草植物が繁茂する地域です.レーベの地名はこの叢に由来します.この叢はオオガラス(Night Raven)の生育地として知られています.このオオガラスの別名であるレーベンがレーベの語源です.現在でも多数の凶暴化・巨大化したオオガラスが生育しており、屈強な冒険者以外はとても立ち入れません.

 元来レーベ叢は様々な鳥類と花が生育していたためレーベ市民が休日を過ごす場所として人気がありました.ここを繁殖地とする渡り鳥、エリマキシギのオスも別名レーベと呼ばれ、季節の風物詩としてその見事な飾り羽が服飾などに好まれました.

左は、エリマキシギ

 

  アリアハン 中央山脈 Aliahan central mountain
 アリアハン中央山脈はアリアハン大陸の貴重な水源地として大切な山です.アリアハン城下レーベ地方両側にその水を垂らし人々の生活に恵みをもたらしてくれます.中央山脈はおそらく最初に人々が分け入った山々でしょう.かつては運送に使われた道が数多く残っており、現在は登山道として利用されているものも少なくありません.

 中央山脈は戦士や武闘家たちによる修行の場としても有名でした.山中にはそうした者たちが宿泊していた小屋が点在しています.アリアハン城下からレーベ村、またその逆へ向かう道中、街道ではなく山中を通過することで肉体だけではなく精神力や集中力を養う目的があったようです.
  森林の中を通る中央山脈では四季の移り変わりを目の当たりにすることができるでしょう.歴史と大自然がおりなす中央山脈をぜひ訪れてみてください.

 

  左翅の森 Left wing Forest
 左翅の森はアリアハン中央山脈から流れ下る雪解け水で育まれている森です.レーベ村に近いため、フィンケの森と並んで最もアリアハンの人々に愛されている森でしょう.中央山脈から流れている小川がたくさんあり緑が輝く森林です.

 この渓流美は、噴火による土砂によって出来たもので、時代を重ねるとともに周りの自然木に包まれながら美しく姿を変えてきました.渓流沿いにいくつもの滝が点在しており「瀑布街道」とも呼ばれています.
 岬港から抜ける続くと地下道の出口があり、かつては人の出入りも多く、山間には数多くの修道院が造られた時期もありましたが、モンスターの凶暴化により孤立した生活を営むことは難しくなり、現在は活動している修道院はありません.修道院の中には歴史的にも貴重ん建築物もあり、修復が望まれています.
 岬港からの地下道は現在も使用可能です.入口付近には王国によって厳重に管理された小屋があります.この庵は入室することはできませんが、外観は特徴的な古アリアハンの京築様式であります.

左から、地下道入口、地下道付近の古アリアハン様式の小屋、森林の展望

 

  右翅の森 Right wing Forest
 右翅の森は大陸北部に広がる広大な森林地帯です.海からの湿った風により大量の雨を受けて、豊かな植生が育まれています.120mを超える巨木林があり、鳥や昆虫たちの棲み家となっています.
 テーブルマウンテンと呼ばれる台地が数多く存在し、かつてはアリアハンを訪れる観光客に人気を博しました.
 かつてアリアハンが貿易で栄えていた頃、商業用の燃料として多くの木材が切りだされました.この森林伐採により一時期は植生が貧しくなったと記録されていますが、国民の間から保護運動が多数起こり、その後の政治システムや哲学にも大きく影響しました.近年は谷や台地に残っていた固有種がまた繁茂しており、本来の森林の姿わ取り戻しています.
 現在では良質な木材を用いて、金属製に勝るとも劣らないと評判の、ひのきの棒や木の盾(通称おなべのふた)などが製作されています.

左化から、テーブルマウンテン(ケープ)、テーブルマウンテン(アウヤンテブイ)、海沿いにたたずむ木材加工場跡

 

  東の岩山 East rocky mountain
 東の岩山はコジオスコ山地・アリアハン中央山脈・ロンダ山地の三つの大山脈に囲まれた土地です.大きく隆起した岩がたくさんあり、うねった地層がむき出しになっている箇所もあります.ハゲ山の土色から河川沿いの鮮やかな緑、赤い地層など、色彩的にも変化に飛んでいます.

 フィンケの森へ流れるフィンケ川の支流は大地を大きく削り、深い谷を形成しています.激しい勾配差と支流のため山越えは容易でありませんが、大きな高低差から生まれる気温の変化は谷に雲海を形成しやすく、幻想的な風景にほぼ毎日出会うことができます.
 貴重な蝶や蜂、カエルなども多数生息しています.どの生物も鮮やかな色彩を持っていますが、近年巨体・凶暴化して人を襲う事例が報告されていますので注意が必要です.
 冒険者がここを通過する際は、街で詳しい者からよくルートを確認してください.旅行者は必ずガイドを雇って下さい.

 

  蒼竜陵 Souryou-ryou

 アリアハン東のほこらと呼ばれますが、正しい名称は蒼竜陵といい、アリアハンのいにしえの英雄ポカパマズに由来します.ポカパマズはアリアハンに帰還した際に、青い地層が露出するこの地を気に入り、ここで晩年をここで過ごしたと伝えられています.

 鮮やかな青は、希少金属にして神々の材料と謳われる青鍛鋼(ブルーメタル)の原材料のひとつです.現在では、これを加工する技術は失われておりますが、アリアハン城の地下、現在の牢獄に青鍛鋼は使われています.
 大地から突き出した大きな岩山がたくさんある不思議な地域です.この地域には奇妙に積み上げられた奇岩が数多くあり、妖精やホビットの悪戯であるとも云われます.ほこらはそうした岩の一つの下に作られました.内部には現在も祭壇が残っており、一人の老人がこれを護り続けています。

左から、祭壇、堂内の階段、奇岩「帽子岩」,奇岩「一本足の双子」 

 

  コジオスコ山とコジオスコ山嶺 Mount Kosciuszko

 アリアハン大陸最高峰の山、コジオスコ山は切り立った崖を四方に持つ鋭角的な霊峰です.古くより神聖な山とされ、数多くの修道院が造られてきました.コジオスコ山周囲も大変に険しい山々が連なり、厳しい自然の美しさが堪能できます.
 かつては山中にはいくつかの金鉱と銅鉱がありました。現在は枯れてしまったため掘られてはいませんが、道中の石にその面影がみられることがあります.

 
 聖域としてあり続けたため、アリアハン繁栄期より自然は手付かずの状態でありましたので、太古からの変わらぬ大自然が現在も残っています.
 もともと聖職にないものの立ち入りは全て断られていましたが、修道院は全て閉鎖中です.かつては修道院への歩道や資材運搬をする大きな道も整備されていましたが、現在ではすべて閉鎖されています.これはバラモス降臨の影響により、モンスターが凶暴化しており、山地での単独生活が難しくなったことによる影響です.
 その険しさゆえ、冒険者すらも通常は踏み込めない地域です。

左から、美しい山嶺、ヴァルラアム修道院、第二の山アリガー、ドメティオス女子修道院

 

  ナジマ島 Najima Island

 ナジマ島は、グレートアリアハン湾に浮かぶ小さな島です.現在はナジミの塔があります。かつて湾内にある島、中島(ナカシマ)と呼ばれていたことが「ナジマ」という言葉の起源で、現在は「島」の意味が重複しナジマ島(なじまとう)と呼ばれています.海外では現在もNajimaと表記されています。
 ナジミの塔が建てられる以前から湾内の要所であり、神聖な場所とされてきました.

米版DQ3は「najima」と表記されていることから

 詳しくは、ナジミの塔のページと併せてご覧ください.

 

  いざないの洞窟 Cave of Enticement

 アリアハン大陸の東端にある洞窟です。コジオスコ山嶺にに遮られ、アリアハン城からは最も遠い場所にあります.かつては異国への道として大いに栄えました.

 いざないの洞窟には旅の扉があると云われていますが、アリアハンが鎖国政策をとって以来、その扉は硬く閉ざされてきました。以前は国の重要な入り口として整備されていましたが、現在は床が崩れ落ちている箇所も多く確認されています。
 鎖国後は深い山間にあるためもともと限られ人のみが行き来していましたが、ファンケ川の橋が建造されなくなってからはより一層人の往来が途絶え、今は荒れるがままになっています.

 

  アリアハン近海と太洋 Oceans near Aliahan and TAIYOU

 アリアハン大陸を取り巻く大海をかつて我々は越え、多くの国々と母液を営んでいました.アリアハン王国も200を超える大型船を所有していましたが、200年の鎖国を経ていまはありません.
 近海では季節に応じてたくさんの魚が捕れます.またグレートアリアハン湾においても同様でした.
 近年は海にモンスターが出没します.以前から貿易船がダイオウイカやシーサペントに襲撃されるという報告はありましたが、数として稀でその存在は半ば疑問視されてきました.しかしこれらは伝説上の怪物ではなかったのです.海洋のモンスターは陸上のモンスターよりもはるかに強力です。アリアハン近海の大きな波の中でこれらと闘うことは極めてこんなんです.

 


 

 

Aliahan
© Aliahan Castle. All rights Reserved.